クリニック紹介
CLINIC

検査設備のご案内

お体を拝見しただけでは判断のつかない体内の状態について、検査による画像を用いて診断することがございます。当クリニックでは、以下の検査設備がございます。

【MRI】(MagneticResonanceImaging)

MRI MRIは強力な磁気を利用して、血管や臓器を撮影する検査です。 病気の早期診断や経過観察に有効とされています。

【CT】(Computed Tomography)

CT X線を使って身体の断面を撮影します。体の状態を検査します。特に脳の出血や腹部、胸部の検査に対して効果を発揮します。

超音波診断装置

超音波診断装置 超音波を体に当てることで対象の臓器の反射を映像化し、それを基に診断します。

脳波計

脳波計 頭部に電極を装着して、脳の状態を測る機械です。てんかんの診断に際して有用とされています。

心電計

心電計 皮膚に電極を貼って、心臓の活動状態を測ります。心電図を作成するために使います。

VE(嚥下内視鏡検査)

嚥下内視鏡検査 当院では、2015年7月よりVE(嚥下内視鏡検査)を開始しております。 これは、鼻から細い内視鏡(カメラ)を挿入して行う検査で、所要時間は15分程度です。
普段よく食べている食べ物が喉(のど)をどのように通っているのか、画像を一緒に見て確認することができます。喉に食べ物が残ってしまう場合に、姿勢や食べ方を変える事で上手く食べ物が通っていくのか等の代償方法も、その場で検討する事ができる検査です。
また、喉に異常がないか、唾液や痰がたまっていないか、声が出るために重要な声帯の動きなどはどうか等を同時に見る事ができます。 検査をご希望の方は、当院診察場面にてご相談ください。
ご予約お問い合わせ
電話番号 お申し込み