医療法人社団 泰平会 城西クリニック

ご予約・お問い合わせアイコン054-273-7000

外来・訪問診療と外来・訪問リハビリテーションを提供 医療法人社団泰平会 城西クリニック

〒420-0061 静岡県静岡市葵区新富町5丁目7-6

採用情報採用情報

アクセス

白石好よりメッセージ

現在、病院でがんを治療中の方、治療後で病院に定期受診されている方、治らないと言われ不安な日々を送っている方、身内ががんで苦しい思いをしている方、様々いらっしゃると思います。城西クリニックでは、この全ての方が受診できます。

がんと診断され医師から告知された時、不安と絶望感に苛まれない人はいません。「すぐに治せるのだろうか」、「仕事は続けられるのか」、「その前に元の生活に戻れるのか」、「費用はどのくらいかかるのか」、などなど。いやいや、「何よりも治るのか」、「治らなかったら死ぬのか」。自分自身でなくとも、親御さんが診断された時、お子さんが診断された時、自分のことと同じように苦しむでしょう。
病院では、いろいろな検査をして治療方針を提案してくれます。手術や抗がん剤治療をすれば治る可能性はどのくらいかというような話です。それに付随する危険性の話もしてくれるでしょう。でも、一度の説明だけで理解し、納得して治療を受ける余裕のある方は少ないと思います。不安から来る焦りですぐにでも治療をして欲しいと思う方、手術や抗がん剤が怖くて話を聞くのも辛いと思う方、それぞれです。けれど、治療は待ったなしで決めなければなりません。医師は説明したあと、「決めるのはあなたですよ」と言うで しょう。よくわからないから任せるしかない、そして治療への扉が開きます。いざ治療を受けてみると、「こんなはずではなかった」、「この先どうなるだろう」と思うこともあるでしょう。また、治療しても意味がないほど進行した状態で見つかったり、散々治療した後にこれ以上の治療はありませんとなることもしばしばあります。医師は、もう治療はできないとの説明の後で、「何かあったら来てください」と優しく言ってくれるかもしれません。でも、「何かってどんなこと?」「これからどうしたらいいの!」「もうどうでもいいや」という思いになりませんか?その逆に、本心ではこれ以上治療は望まないけれど、抗がん剤を断ったらもう診てくれないんじゃないだろうか?と不安を覚えるかもしれ ません。

私は、平成5年に外科医になりました。平成30年まで25年間、手術や抗がん剤などのがん治療をしてきました。ガイドラインに沿って治療をして治る人もいれば、治らない人もいます。その人が良いとか悪いとかで決まることはありません。ただし、たとえ治ったと してもまたがんに罹ることもあるし、別の病気であっとう間に死んでしまうこともあります。一方で、治らなくても生き生きと最期の時までを自分らしく生き切ったという人もいます。長い間、多くのがん患者さん、そのご家族と出会いました。様々な人の生き様を見 て思うことは、がんという病気はその人や家族が「どう生きるか」を考えざるを得ない病いなのだということです。早期がんで手術すれば治る可能性が高い、というならまだしも、治らないので延命が目的の治療ですよ、と言われたら、それはリアルに突きつけられます。その治療は「どれだけ長く生きるか」を目標にします。けれど、「どう生きるか」は人ぞれぞれであり、家族、仕事、住まい、お金のこと、そして物事への考え方、価値観が違います。そのことを踏まえて治療を選び、今後の生き方を考えて生活していくことが「自分らしく生きる」ということです。いわば、がんに罹ったことで自分の「物語」を考えていくことです。けれど、身体のことだけでなくさまざまな思いや感情で辛い日々を送るかもしれません。それを一人で抱え込むこと自体が辛いことです。そんな時、誰に相談して良いのでしょうか?主治医の先生は忙しそうだから遠慮してしまう?病院には、主治医以外にもがん相談センターやがん患者サロン、緩和ケア外来やチームがあります。相談すれば丁寧に関わってくれるはずです。そして、「もし病院以外でもいろいろなことを話せて一緒に考えてくれるがんの専門医は居ないだろうか、できれば担当医として最期まで」と思っているのなら、是非私に話を聴かせてください。

※「緩和ケア」とは…

従来の緩和ケアは亡くなり行く人の苦痛をケアするターミナルケア(死の直前のケア)と同義でしたが、昨今ではがん治療の進歩とともに診断時からも様々な苦痛(身体、気持ち、生活、生き方)を和げるケアが重要とされ、治療中から終末期まで、病院、自宅、施設を問わず提供されるべきと考えられております。さらに、がん以外にも心不全などの慢性疾患、認知症や高齢者の終末期医療にも緩和ケアの考え方が広まってきています。病気なった人をどう治すかではなく、病気になってもどう生活するのかという「生き方のサポート」という考えに基づいています。

白石好

資格
日本外科学会 専門医、指導医
日本消化器外科学会 専門医、指導医、消化器がん外科治療認定医
日本静脈経腸栄養学会 学術評議員
日本緩和医療学会 暫定指導医(〜2018年度)
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医(〜2018年度)