医療法人社団 泰平会 城西クリニック

ご予約・お問い合わせアイコン054-273-7000

外来・訪問診療と外来・訪問リハビリテーションを提供 医療法人社団泰平会 城西クリニック

〒420-0061 静岡県静岡市葵区新富町5丁目7-6

採用情報採用情報

アクセス

もの忘れ・認知症外来

対象となる主な疾患名

  • ・軽度認知障害(MCI)
  • ・認知症全般(アルツハイマー型認知症・脳血管性認知症・レビー小体型認知症など)
  • ・うつ病など


今は症状が無いけれど将来が心配な方、最近ものを無くしやすくなった・忘れっぽくなった・人やものの名前が思い出せない等の自覚がある方、どんな方でもまずはご相談ください。

01

概要

「もの忘れ」には、加齢による記憶力の低下と、認知症などの病気によって起こる記憶障害があります。「もの忘れ外来」では、問診・検査を通して、もの忘れの状態が認知症に伴う記憶障害によるものか、正常なもの忘れかを特定します。病気によるもの忘れと診断される場合、一般的な病名は、認知症やうつ病となります。

02

症状

認知症の代表的な初期症状には、もの忘れをはじめとする記憶障害や、日時・場所・人が分からなくなる見当識障害があります。
病気が進行するにつれ、うつや不眠、幻覚、妄想など、さまざまな周辺症状が現れます。周辺症状の現れ方は、ご本人の生活環境や性格などによって個人差があり、認知症の種類や進行度合によっても異なります。

03

診断

問診、血液検査に加え、記憶などの認知機能の状態を調べるためのスクリーニング検査、神経心理検査を行います。また、CTやMRI、SPECT(脳血流シンチグラフィー)などの画像検査によって脳の形状や血流の状態も確認した上で、総合的に診断します。
認知症の診断において大切なことは、早期発見です。早期に診断し、治療を行うことで、症状の改善や進行遅延につながります。

04

外来

受診ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。



お問い合わせ

9:00~17:30(月~土曜日)

FAX:
054-273-5600